専門医研修について 研修プログラムについて

 

救急科専門研修プログラム                         プログラム冊子 

研修の特徴

・基幹病院である滋賀医科大学附属病院は、軽症から重症まで様々な救急患者を受け入れており初期診療から入院管理まで一貫した診療を経験できます。

・重症患者は救急科が主科としてICUで治療を行うため、集中治療医の指導のもとで集中治療を経験できます。

・専攻医の希望により、滋賀県内でテイラーメードの研修が可能です。

募集定員(予定)
6 名/1年
研修期間
3 年
指導医数(院内)
3 名

連携病院

【県内施設】
済生会滋賀滋賀県病院、長浜赤十字病院、東近江総合医療センター、公立甲賀病院

【県外施設】
京都第二赤十字病院、医仁会武田総合病院、宇治徳洲会病院

研修スケジュール(例)

本専門研修プログラムによる救急科専門医取得後には、日本救急医学会指導医取得を目指し学位 (論文博士)を取得する、臨床経験しながら高度医療人コース (博士課程) 、ダブルライセンスとして「総合診療科専門研修プログラム」、「麻酔科専門研修プログラム」、「外科専門研修プログラム」に、サブスペシャルティ領域である「集中治療医学領域専門研修プログラム」に進む等の選択ができます。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。