専門医研修について 研修プログラムについて

 

 

精神科専門研修プログラム

研修の特徴

・滋賀医科大学付属病院精神科(基幹施設)は、正確な診断を基盤とし、最新の神経科学の手法を取り入れた臨床・研究を行っており、ほぼ全ての精神疾患を対象とした急性期、亜急性期の診断・治療に取り組んでいます。
身体合併症を有する精神科臨床にも力を入れています。
睡眠医療、アルコール・薬物依存、児童思春期、認知症、司法精神医学、急性期臨床に特化した治療ユニットを有する連携施設をもち、専門性を育む研修も可能です。
豊富な指導医の元で、生物学的、心理・社会的、倫理的な側面をフルカバーした精神科医療・研究を研修することができます。

募集定員(予定)
6名/1年
研修期間
3 年
指導医数(院内)
5 名

連携病院

【県内施設】
滋賀県立精神医療センター、長浜赤十字病院、水口病院、滋賀里病院、琵琶湖病院、滋賀八幡病院、瀬田川病院、湖南病院、セフィロト病院

【県外施設】
岐阜県 大垣病院、養南病院、不破ノ関病院
愛知県 上林記念病院

研修スケジュール(例)

 

専攻医のニーズに柔軟に対応した選択制研修プログラム!県内外を問わず、さらに魅力ある病院・クリニックを連携施設に検討中です!

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。