専門医研修について 研修プログラムについて

 

病理診断科専門研修プログラム

研修の特徴

・大学病院、市中病院やHigh-volume centerで、多彩な症例を経験できます。

・病理医不足が叫ばれる中、全国各地から専攻医や大学院生が集まっています。

・滋賀県内外の施設や病理学講座との緊密な連携体制もあり、指導体制は充実しています。

・各診療科やコメディカルと良好なコミュニケーションをとり、よりよい診療に貢献できる病理医を育てます。

募集定員(予定)
2 名程度/1年
研修期間
3 年
指導医数(院内)
6 名

連携病院

【県内施設】
済生会滋賀県病院、東近江総合医療センター、長浜赤十字病院、彦根市立病院、甲賀病院、大津市民病院、近江八幡市立総合医療センター、JCHO滋賀病院、草津総合病院、日野記念病院

【県外施設】
姫路赤十字病院、関西医科大学枚方病院、JR 東京総合病院、国立がん研究センター中央病院

研修スケジュール(例)

研修パターン

1(基本コース)、2(市中病院重点コース)、3(がんスペシャリストコース)、4(基礎病理学者・社会人大学院コース)がありますが、希望に応じアレンジします。

募集期間・選考方法

当科見学を含む面談により決定します。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。