専門医研修について 研修プログラムについて

泌尿器科専門研修プログラム

研修の特徴

・一般的な泌尿器科疾患の研修を中心に小児泌尿器科、女性泌尿器科、排尿障害、男性不妊症・性機能障害、腹腔鏡手術(ロボット支援手術を含む)などの subspecialty 領域も効果的に研修できる。

・専攻医はこれらの多様な病院群をローテートすることで、専門医に必要な知識や技能の習得と同時に、地域医療との連携や他の専門医への紹介・転送の判断を的確に行える能力を身につけることができる。

・コース選択は、高い臨床実施能力の獲得と subspecialty 確立を目指す臨床基本コースと、学術的な涵養を目的とした大学院進学コースのどちらかを選択することができる。

募集定員(予定)
7 名/1年
研修期間
4 年
指導医数(院内)
9 名

連携病院

【研修基幹施設】
滋賀医科大学

【地域拠点病院】
長浜赤十字病院、市立長浜病院、彦根市立病院、公立甲賀病院、済生会滋賀県病院、草津総合病院、宇治徳洲会病院

【地域中核病院】
豊郷病院、東近江総合医療センター、日野記念病院、野洲病院、JCHO 滋賀病院、蘇生会総合病院

【地域中小病院】
高島市民病院

研修スケジュール(例)

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。