専門医研修について 研修プログラムについて

 

オールラウンド型救急科専門研修プログラム                         プログラム冊子 

研修の特徴

・急性期拠点(三次救急告示)病院、日本救急医学会指導医指定施設であり、災害拠点病院・広域搬送拠点臨時医療施設として災害派遣医療チーム(DMAT)を有しています。

・ER型救急外来の初期診療から一般病棟や重症症例の集中治療、さらにcommon disease の初診から退院までを習得できます。

・専攻医の希望により、研修の開始を基本研修施設から選択できます。

募集定員(予定)
6 名/1年
研修期間
3 年
指導医数(院内)
2 名

連携病院

【県内施設】
滋賀医科大学附属病院 (基本研修施設、救急集中治療研修)【三次救急告示病院】、長浜日本赤十字病院 (地域医療研修施設、地域型 ER 研修)【救命救急センター】、東近江総合医療センター (基本研修施設、地域型 ER 研修)、公立甲賀病院 (地域医療研修施設、地域型 ER 研修)、済生会滋賀病院(基本研修施設、病院前救急研修)【救命救急センター】

【県外施設】
医仁会武田総合病院 (基本研修施設、都市型 ER 研修)、京都第二赤十字病院 (基本研修施設、外科的手技・処置)【救命救急センター】、宇治徳洲会病院(都市型ER研修)【救命救急センター】

研修スケジュール(例)

本専門研修プログラムによる救急科専門医取得後には、日本救急医学会指導医取得を目指し学位 (論文博士)を取得する、臨床経験しながら高度医療人コース (博士課程) 、ダブルライセンスとして「総合診療科専門研修プログラム」、「麻酔科専門研修プログラム」、「外科専門研修プログラム」に、サブスペシャルティ領域である「集中治療医学領域専門研修プログラム」に進む等の選択ができます。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。