医科初期臨床研修について 各診療科研修

形成外科

研修の特徴

疾患治療の更なる次の命題である、「人間らしく、私らしく社会生活を送る」医療を提供するエキスパートを目指しませんか

  • 1.形成外科は、主として体表すべてを標的とし、体表に関するあらゆる問題の解決を追及する診療科です。
  • 2.当院形成外科は2016年より独立した診療科として開設された、滋賀医科大学医学部附属病院において一番新しい診療科です。従来、滋賀県外に治療に行かざるを得なかった形成外科的疾患患者を滋賀県内で治療できるようにすること、他府県から来ている滋賀県内の形成外科医に代わり将来当大学から形成外科医を輩出することを目標にしています。この三年間の準備期間の間に学会認定施設となり、形成外科疾患患者も増加し、他診療科との連携も確固たるものになりました。以上の背景から、基盤が整ったと評価されて2019年度より講座となりました。
  • 3.形成外科はマイナー診療科であり、更に県内唯一の大学病院である当院で形成外科が標榜されていなかったため、形成外科専門医が当院に不足している状況です。しかし、外科を志す若い医師は、色々な医師が執刀する様々な手術を見聞きすることが重要です。当科は、この命題を公益財団法人田附会大阪北野病院形成外科、さらに京都大学形成外科と連携することによって対応可能にしています。双方とも日本の形成外科でもっとも伝統のある病院、大学ですので、初期研修ながら高いレベルの手術を体験することができます。またこの連携は、専門医が全国で約2000人未満という専門性の高い分野において、同年代のネットワークを築くことを可能にしています。
  • 4.自由選択科目(2−4週):たかが体表、されど体表です。他診療科も扱う体表において、一線を画す結果を常に得る(なければならない)ためには技術が必要です。そのためには、2週の研修では難しいと考えています、できれば4週研修して形成外科学の何たるかを学んでください。

研修目標
(一般目標 GIO、行動目標 SBOs)

一般目標 (GIO)

形成外科学(先天異常学、創傷治癒学、外傷学)の基本を学び、チーム医療の一員として診療に携わり、患者・家族のQOL(Quality Of Life)に配慮したもっとも望ましい治療法を選択できる知識と臨床技術を習得する。

行動目標 (SBOs)
  • 1.主たる形成外科的疾患を列挙することができる。
  • 2.患者・家族に対する適切なcommunicationを実施できる。
  • 3.患者に対し適切な検査を準備できる。
  • 4.患者の診察所見を形成外科学的見地から適切に記述できる。
  • 5.患者に対しいくつかの鑑別診断を列挙することができる。
  • 6.患者に対し複数の治療法を列挙できる。
  • 7.複数の治療法の中から、患者の状況に合った最適な治療を選択できる。
  • 8.典型的な手術におけるデザインを示すことができる。
  • 9.適切な術前準備(剃毛、マーキング等)を実施できる。
  • 10.基本的縫合(表皮縫合、埋没縫合)を実施できる。
  • 11.適切な包交を実施できる。

研修内容(方略 LS)

LS1 0n-the-job training
  • 1.上級医の病棟回診に同行し、診察および包交の具体的手順を学ぶ。
  • 2.教授の外来に参加し、診察の仕方や適切な検査・手術の選択を学ぶ。
  • 3.適切な術前/術後指示を考え、上級医に確認する。
  • 4.臨床解剖に参加し、教科書やアトラスには記載されていない体表血管の分布を学ぶ。
LS2 カンファレンス・勉強会
  • 1.症例カンファレンスにて上級医の治療計画を学ぶ。
  • 2.症例カンファレンスにて治療後の反省点を抽出する。
  • 3.論文抄読会に参加する。
LS3 学会、研究会への参加
  • 1.学会、研究会に参加し、幅広い知識を得る。
  • 2.希望者は学会に発表者として参加し、プレゼンテーション技術を磨く。

週間スケジュール

  • 1.毎週月曜、金曜午後:局所麻酔手術
  • 2.毎週水曜:全身麻酔手術
  • 3.毎週水曜:教授回診、症例カンファレンス
  • 4.毎週木曜:教授外来、症例検討会

病棟回診および入院患者の包交はほぼ毎日
(2019年1月現在)

推奨研修期間

  • 1.自由選択科目:2−4週間

研修評価(EV)

  • 1.カンファレンスで積極的にディスカッションしながら形成外科学の基礎を学ぶ。
  • 2.形成外科の手術に必要な解剖/手技に関し口頭試問を行い、理解度を評価する。

副直回数

不定

スタッフ

  • 1.指導医
    特任教授:鈴木義久、講師:岡野純子
  • 2.研修実施責任者
    岡野純子

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。