医科初期臨床研修について 各診療科研修

心臓血管外科

研修の特徴

  • 1.心臓血管外科は全ての診療科に進む上で重要となる重症心臓血管病を抱えた患者の診方を学ぶことができる。
  • 2.全身臓器灌流や心機能、循環管理を全国にも類のない豊富な症例を通じて短期的に経験することができる。
  • 3.いかなる重症あるいは緊急心臓血管病態でもNo refusal policyで多岐に渡る豊富な診療を経験することができる。
  • 4.手術による侵襲をいかに軽減し早期に社会復帰できるかを考えた治療を実践することができる。
  • 5.全国標準をはるかに超える超早期術後回復プロトコルを通じ患者回復管理の要点を学ぶことができる。

研修目標
(一般目標 GIO、行動目標 SBOs)

一般目標 (GIO)

“How to take care of sick patients.”を身につける

行動目標 (SBOs)
  • 1.手術に向かう患者の不安に寄り添い、必要かつ十分な問診を行うことができる
  • 2.頭から足先まで全身の診察を丁寧に行うことができる
  • 3.問診、診察によって得た情報を簡潔にまとめプレゼンテーションすることができる
  • 4.患者の問題点を抽出し、解決策を提案することができる
  • 5.清潔・不潔の概念を理解し、基本的な外科手技や処置を体得することができる
  • 6.術後集中治療管理を学ぶことができる
  • 7.急変時の対応を学ぶことができる

研修内容(方略 LS)

LS1 0n-the-job training
  • 1.OJT(On-the-job training)の機会を通じ確実で安全な手技習得を直接指導のもと行う。
  • 2.選択ローテーションでは、より進んだ手術手技やベッドサイド処置にも取り組み外科的基本手技や循環器分野の深い考察と臨床判断ができることを目標とする。
LS2 カンファレンス・勉強会
  • 1.月・木 術前症例検討会
  • 2.月 TAVIハートチームカンファレンス
  • 3.水 循環器内科との合同症例検討会
LS3 学会、研究会への参加
  • 1.学会発表を一から丁寧に指導し、自信を持って発表できるように育成する

週間スケジュール

午前 午後
カンファレンス・回診 手術・病棟業務 手術・病棟業務
回診 手術・病棟業務 手術・病棟業務
カンファレンス・回診 病棟業務 病棟業務
カンファレンス・回診 手術・病棟業務 手術・病棟業務
抄読会・回診 手術・病棟業務 手術・病棟業務
病棟業務
病棟業務

推奨研修期間

  • 1.1年目の必修期間は2週間とする
  • 2.2年目の選択期間は1ヶ月以上が望ましい

研修評価(EV)

  • 1.指導医が研修評価確認表および研修実施記録表に評価を記載する。
  • 2.レポートについて、研修終了直後に指導医が添削指導後、署名する。

副直回数

0回/月

スタッフ

  • 1.指導医
    准教授 鈴木 友彰、 講師 木下 武、 助教 藤野 晋、 助教 榎本 匡秀、 助教 近藤 康生、 医員 宮下 史寛、 医員 鉢呂 康平、 医員 脇坂 穂高
  • 2.研修実施責任者
    准教授 鈴木 友彰

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。