listen Doctor of the Yearに“聞く”

初期研修2年目の研修医の中から最も優秀、印象的だった者を表彰するのが「滋賀医科大学附属病院 Doctor of the Year」。
2017年、その栄誉に輝いた神谷梓医員に滋賀医科大学附属病院での初期研修の特徴や魅力を聞きました。

2017年度Doctor of the Year
神谷 梓 医員

滋賀医科大学附属病院で見つけた、放射線科医の道。

医学部を卒業した時点でまだ進路を決められておらず、初期研修はなるべく幅広い領域を学べる環境でじっくりと将来に向き合える時間と機会を得たいと考えていました。私自身が滋賀医科大学の卒業生だったということもありますが、この附属病院は診療科が多く各分野で高度な医療を学べるだけでなく、地域との関わりも密接なのも特徴。バランスよくいろいろな研修を受けられると思い、この病院を選択することにしました。
現在は初期研修を終え、引き続き滋賀医科大学附属病院で後期研修中です。専門は、初期研修の際にその魅力に魅せられた放射線科。それまでまったく将来の選択肢になかった科でしたが、そうした分野にも出会えるのが幅広い研修を受けられる滋賀医科大学附属病院の良さですよね。私もここで放射線科の研修を受けなければ、自分の進む道として選択肢にも入っていなかったと思います。

分け隔てなく指導してもらえる、素敵な環境。

上級医、指導医の先生たちは皆さん、とても優しく研修医に接してくださいます。初期研修期間は数週間ごとに研修医がローテーションしていき、やってくる研修医が必ずしも将来自分の部下になるわけではありません。それでも誰にも分け隔てなく知識、技術を教えていただき、相談事にも親身になって付き合ってくださいます。
また、研修医同士の仲も良く、滋賀医科大学の出身かどうかに関わらず、助け合ったり、励まし合ったりできるのも嬉しいところ。研修室で一緒にランチをとるときは、とても良いリフレッシュになっています。

白衣を着れば、患者さんの前ではみんな同じ。

初期研修1年目の内科所属だったとき、深刻な悪性腫瘍を持った患者さんを担当させていただく機会がありました。そのとき患者さんご本人やご家族から「このまま治療をつづけていいんだろうか?」「どうしたら治るんだろう?」というご相談が。私自身はまだ一番下の研修医でそんな相談をされるとは思ってもいなかったので、ただただ驚き、思いに耳を傾けることしかできませんでした。だけど、患者さんたちにとっては白衣を着れば主治医も研修医も関係ありません。経験が浅いなんて言い訳をせず、もっと自覚と責任を持って患者さんと向き合っていくことの必要性を、改めて教えていただくことができました。

周りが喜んでくれた「Doctor of the Year」。

「Doctor of the Year」受賞の知らせは、医師臨床教育センターの方からの電話で受け取りました。まさか自分が候補に挙がっているなんてまったく知らなかったので、「本当に私ですか?」と何度も確認したのを覚えています。授賞式で賞状や賞金をいただいたことで実感が少し湧きましたが、総合的に点数がよかったから、とは聞いているのですが、細かな部分でどこが評価されたのかはまだ聞けていないので、半信半疑なのは未だに変わりませんね(笑)。受賞できて良かったと思うのは両親や友だち、研修で教えてくださった先生たちが、私よりも喜んでくださったこと。お世話になった皆さんの喜ぶ顔を見ることができたのは、ほんの少しだけ恩返しをできたようで嬉しい気持ちになりました。
放射線科医として一人前になるには、まだまだ努力も時間もかかります。画像診断などを通して患者さんの人生や治療に大きく関わることができるというやりがいを胸に、これからも頑張っていきたいですね。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。